子育ての悩み.net

子供がお父さんになつかない理由

子供にとって現代の父親は、怖い存在ということが少ないと思われます。

昔は、父親は一家の大黒柱として威厳をもった存在でしたが、現在では子供を叱るのは、ほとんどの場合、母親の役割となってきているようです。

最近は、お父さんはむしろ怒らなくて優しい人、というイメージで子供達は見ていることが多いようです。

それではなぜ、子供がお父さんになかなかなつかないということがあるのでしょうか。

一番多い理由が、お父さん自身が子供と接する時間がかなり少ないことがあげられます。

もしくは、一緒にいてもほとんど交流することがない、ということではないでしょうか。

毎日外に働きに出ているお父さんは、普段は家にほとんどいることができません。

休みの日は家に一緒にいることができるはずなのに、ほとんど交流がないというのは、かなり問題だと思います。

多くのお父さんが、普段仕事が忙しくて疲労が溜まっていますので、もし家にいたとしても、あまり動こうとしないのではないでしょうか。

子供は正直ですから、自分をかわいがってくれない大人には、自分から近づきたくないのです。

「怒らない」「優しい」ということは、裏を返せば、子供の教育にまったく無関心で、何も行動を起こせない、という場合も多いのではないでしょうか。

このような父親は、子供にとって単なる親しい大人として扱われているように思えてきます。

また、お父さんとお母さんの仲が悪い場合も、子供とお父さんとの距離も、また遠くなってしまう原因になります。

普段は外に仕事に行っているため、あまり交流する機会が少ないのです。

家庭でもお父さんのことが話題にならないようですと、自然と子供もお父さんを遠ざけてしまうことが多くなってしまいます。

こういうふうになってしまったら、お母さんは、お父さんと子供との距離を、縮める役割を果たさなければなりません。

「お父さんは、毎日お仕事頑張っているんだよ」
とお父さんの話を聞かせたり、お父さんに子供と少しでも遊んでもらうように頼んだり、なるべくお父さんという存在を、子供にアピールすることが解決法だと思います。

これは、夫との話し合いをしっかりしないと、うまくいかないことだと思います。

そう簡単にはうまくいかないかもしれませんが、子供とお父さんが笑顔で接することができたとき、一層家族は幸せになっていくことでしょう。

 
子育ての悩み.net TOPへ お父さんお母さんの悩み 子供がお父さんになつかない理由