子育ての悩み.net

あいさつのできない子供

子供さんが、悪いことと認識しているのに「ごめんなさい」と言えなかったり、人に何かしてもらっても「ありがとう」と言えないと、お母さんはついつい悩んでしまいますよね。

ただ、そんな時は、無理やり謝らせようとしたり、感謝を強要することはやめた方がいいでしょう。

あいさつというのは、自分の気持ちを相手に伝えることです。

それを、全く自分の気持ちも込めず、ただ礼儀だからと言葉だけ言わせても、子供には何の意味もないのです。

子供は、お父さんやお母さんが、相手に対して謝ったり、感謝しているところを日常的に見ていれば、子供も自然とその意味を理解することができるようになります。
そして、あいさつも徐々にできるようになるはずです。

決して、焦ってしまうことはありません。
お母さんたちが、子供たちの見本となれるように心がければ良いのです。

あと、子供の特性として、親の行動を真似するということを、覚えておかないといけません。

親自身が、心を込めて謝罪や感謝の気持ちを言うことができていないのなら、子供も必ず同じようなあいさつの仕方をするでしょう。

つまり、お母さん自身が見本となり、相手に誠意の気持ちを心の底からみせることを、常に心がけていなくてはいけないのです。

また、子供さんとは、「こんなときには謝ろうね。」とか「~してもらった時は、ありがとうと言おうね。」と、話し合うことも大切です。

そうすれば、よりその意味を深く理解できると思いますよ。

たとえ、言葉の通じない外国人に対しても、心のこもった感謝の気持ちや誠意ある謝罪の気持ちは伝わってくるものです。

相手に伝えようとする真心があれば、気持ちは必ず伝え合うことができるのです。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ あいさつのできない子供