子育ての悩み.net

お風呂が嫌いな子供

お風呂が嫌いな子供が、ちゃんと湯船に浸かっていられなくて、とても困っているお母さんがいらっしゃるのではありませんでしょうか?

しかし、子供を無理やり湯船の中に入れる必要はないのですよ。

子供からみれば、熱過ぎるときもある湯船は深いので、とても怖いものなのかもしれません。

他の国を見ても、湯船に入る習慣のある国は、日本以外にはあまり多くはありません。

湯船に入らなければいけない、と決め付けることはないのです。
洗い場で身体をよく洗って、その後はシャワーを浴びて出ても、全く問題はありません。

お風呂とは、本来身体をきれいにする所と考えればいいのです。

そうこうしているうちに、子供が湯船に浸かることができるようになるかもしれません。

しかし、湯船に浸からないと、冬はやはり身体が温まらないんじゃないか、と親は心配に思うかもしれません。

そういう時は、温かいお湯と冷たい水とを、別々に洗面器に入れて用意してみてください。

そして、足を水とお湯を交互に繰り返し入れてあげます。

このような温水浴と冷水浴を何度も繰り返すことによって、活発な自律神経の機能を育てられます。

そして、血行もとても良くなり、湯船に入ったときと同じような効果があるのです。

また、これにより湯冷めすることもなく、とてもよく眠れるようになるでしょう。

どんなこともそうですが、子育てに関しては、強制することは必ずと言っていいほどうまくいかないでしょう。

だから、お風呂が好きになるための時間が掛かったとしても、決して怒らずに長い目で見てあげることが重要です。

お風呂が嫌いな子供の中には、シャンプーが嫌いな子も多いようですね。

これは、シャンプーが目に入ってしまって、目が痛い経験をした、という場合が多いようです。

こういう子の場合は、シャンプーがなぜ必要なのかということを、まず理解してもらうことが必要です。

理解して納得することは、小さい子供にとっては、特に重要なプロセスなのです。

そうすることで、子供が嫌だと思ったことでも、納得してできるものなのです。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ お風呂が嫌いな子供