子育ての悩み.net

弟・妹の誕生

子供にとって、弟や妹が生まれて、お兄ちゃんやお姉ちゃんになる、という経験は大変大きな出来事です。

妊娠中のお母さんのおなかをさわらせてもらったり、おなかに耳を当てたりして、赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしている気持ちは本物です。

しかしそれは、子供にとって、逆に大きな試練の始まりでもあるのですね。

下の子が誕生するということは、今まで自分だけの大事なお母さんだった関係を邪魔する存在が現れるということなのです。

そのことで、子供が不安な気持ちになることも事実なのです。

しかし、その不安な気持ちを実際にお母さんに向かって、ハッキリと表現できる子供の方が、素直に下の子の誕生を喜べるというものなのです。

ですので、下の子の誕生に関して、ぐずったりわがままになるということは、子供の心の中にたまった不安を吐き出すという、子供にとってのストレス発散法でもあるのです。

しっかりぐずったりできるような子は、弟や妹という強力なライバルが現れても、少し時間は掛かっても、きっちりとその不安を乗り越えることができるものなのです。

逆に、下の子が誕生した時に、ほとんどお母さんに甘えることなく、あっさりしていた子供は、その後、行動面での心配なことが起こる場合があります。

このような子供は、下の子が誕生した時、うまく自分からストレスを吐き出すことができずに、ずっと尾を引いているのでしょう。

子供は、自分は愛されてないんだ、と感じとっているかもしれません。

上の子供の行動が少しおかしいなと思ったときは、気が付いたらすぐに思いっきり慰めてあげるようにしましょう。

お母さんの愛情を肌で感じとったとき、上の子供は下の子の存在を認め、お兄ちゃんお姉ちゃんらしく下の子をかわいがることができるようになるでしょう。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ 弟・妹の誕生