子育ての悩み.net

子供のいじめ

大人が思っているより子供たちの世界もなかなか厳しいもので、たとえ幼児であっても、いじめというものがあるようです。

みんなで楽しく遊んでいるとき、その輪の中に一人少しだけ違う子供がいて、周りと調子がうまく合わなかったりすると、その子供は仲間外れにされてしまうようです。

遊びの中には、楽しい遊びも嫌な遊びもあり、子供たちはたとえ嫌な遊びであっったとしても、自分たちなりにそれを乗り越えながら、さらにおもしろい遊びにしようと工夫しています。

ところが、嫌なことや苦手なことがあったりすると、すぐに避けたり諦めてしまったりして、自分でそれを乗り越えようとしないで、すぐに助けを求めてしまう子供もいます。

そんな子が、みんながやる気になって遊んでいる中で、その輪を崩してしまうと、みんなはどう思うでしょうか。

あの子はなぜそんなことをするんだろう、そうだ仲間から外してしまおう、ということになってしまうでしょう。

そのような仲間から外れてしまう子供は、自分で散らかしたものを、片づけたりすることが、なかなかできない子供が多いようです。

子供たちは、そのようなことを敏感に肌で感じとるみたいです。

ですので、もし仲間外れにされた子が、諦めずに自分から何事にも挑戦することができた時、周りの子供は、自然にその子を受け入れてあげるのです。

すなわち、仲間外れにされてしまうということは、他の子供たちと一緒になって遊べるまで成長していない子、と子供たちの中で勝手に判断されてしまったのです。

もし自分の子供が仲間外れやいじめにあっているのでは?と思ったら、子供が自分のことを自分でちゃんとやっているか、思ったことを行動にできているかを確かめるようにしてください。

それらがしっかりとできるようになった時、きっと仲間外れやいじめというものはなくなることでしょう。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ 子供のいじめ