子育ての悩み.net

兄弟喧嘩の大切さ

子供たちの兄弟げんかが激しいと、お母さんにとっては大変ですよね。

しかし、兄弟げんかは決して悪いことではないのです。
むしろ、たくさんやった方がいい場合が多いのです。

けんかをするという経験は、子供が成長するにおいてとても大切なもので、そこから子供たちはいろいろな事を学んでいくのです。

だから、親が中に入って止めさせるのは、できるだけ避けたいところです。

もちろん、危険なケガをする程のけんかは止めてあげないといけませんが、少しぐらいのけんかなら止めない方が良いのです。

小さい時からけんかをたくさん経験することによって、相手の痛みや自分の苦しみが、経験的に身についていくのです。

それをすぐに親が止めてしまうと、子供たちはどこでけんかを止めるべきか、自分自身で判断することができなくなってしまうのです。

現代の凶悪な事件を見ても分かるように、子供の時にけんかの経験をしたことがなく、相手に対する手加減が分からなくなっていることに、原因がある場合もあるのです。

これは親や周りの大人たちに、大きな責任があるということなのです。

兄弟姉妹がいる家庭なら、けんかをするのはごく当然のことです。

社会に出る前から、家庭でぶつかり合うという経験をすることができるのですから、これはとても幸せなことなのです。

もし子供同士のけんかを見ていられないのでしたら、お母さんは他の部屋で、けんかが落ち着くまで待っていてもいいかもしれません。

もちろん、そのときはケガがないように見守ってあげながら、決してお母さんが止めさせずに待ってあげましょう。

親が相手に対する態度の良し悪しを、しっかり教えて子供を育てたのなら、子供はきっと自分たちで止めることができるようになるでしょう。

やれるのはどこまでなのか、子供たちに判断させることが大切なのです。

最初は、お母さんも落ち着いて見ていられないかもしれませんが、それさえ乗り切ることができれば、子供はきっと人の気持ちが分かる子に成長していくことでしょう。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ 兄弟喧嘩の大切さ