子育ての悩み.net

子供のこころの成長

子供のこころの成長は、親から受ける愛情が基本となります。

親からたっぷりの愛情を受けた子供のこころは安定し、さまざまなことを乗り越えながら成長していくものです。

子供のこころは、甘えと反抗を何度も繰り返しながら、日々成長していくようです。

言い換えれば、甘えるということは依存することで、反抗するということは自立することなのです。

誕生したばかりの赤ちゃんのこころは、お母さんに依存しています。

そして、その甘えに対してお母さんがしっかり応えてあげると、赤ちゃんはとても安心することができるのです。

このように親から安心感を与えられ、どんどん成長していくと、今度は今までと違い反抗の態度を見せるようになります。

これが自立しようとしている証拠になります。

どうしてこの子はこんなに反抗するのだろう、と悩んではいませんか?

これは、ごく自然のことで、子供が確実に成長しているということなのです。

このような態度が見られたら、お母さんは決して怒らず、自立心が芽生えたことを喜んであげてください。

子供というのは勝手なもので、自分の思い通りになったら、今度は不安な気持ちが出てきます。

その不安がだんだん強くなってくると、再びお母さんの元へやってきて安心感をもらうのです。

このように、子供というのは、お母さんに安心感をもらって、自分の知らない世界に飛び出し、少し不安になるとまたお母さんに安心感を求めてくるのです。

こうしたこころの成長を繰り返しながら、子供は徐々に大きくなっていくのです。

ですので、子供が安心感を求めてくるときは、しっかり愛情を与えてあげてください。

そして、子供が知らない未知の世界に飛び出して行こうとしていたら、それをやさしく見守ってあげるのです。

こうして子供は、いろいろな経験や体験をしていきながら、グングン成長していくのです。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ 子供のこころの成長