子育ての悩み.net

寝つきや目覚めが悪い子供

目覚めや寝つきやが悪い子供というのは、その子自身の心や生活にきっと問題があることでしょう。

そのような子供は、友だちと遊ぼうと思っても、なかなか気持ちをパッと切り替えることができません。

目覚めの悪い子供や朝食が食べられない子供は、いつもより30分早く起きて、家の周りなどを一回り歩いてくると良いです。

これを努力して続けていると、お子さんは確実に変わってくるでしょう。

空気のいい朝に散歩をすることで、目がスッキリし気持ちよく覚めます。

当然30分も散歩をしていると食欲が出てきますから、おいしく朝ご飯を食べることができ、身体も生き生きした状態で一日のスタートを迎えることができます。

こういうふうに、朝のスタートをしっかり整えることで、メリハリがある生活ができ、夜もグッスリ眠ることができます。

30分も散歩することが難しいのでしたら、お父さんと一緒にゴミ捨てに付いて行くだけでも良いのです。

これを子供の役割として習慣にしてしまえば、子供に仕事や役割というものを自覚させることにもなるのです。

また、昼間の生活において、嫌な出来事や我慢しなければいけないことが多いですと、寝つきが極端に悪くなる場合もあります。

さらに、お母さんが日常に不安を抱えていたりすると、それが子供に悪い影響を与えてしまう場合もあります。

このような場合は、まずそういった不安を取り去ることが重要です。

ごく当たり前のことですが、夜更かしは絶対禁物です。
親がいつも夜遅くまで起きていますと、子供にも大きく影響を与えることになります。

ですので、お父さんとお母さんの生活習慣から、もう一度見直す必要があると思います。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ 寝つきや目覚めが悪い子供