子育ての悩み.net

子供の無視

子供が親(自分)を無視して、ムッとしたことはないでしょうか?
きっと経験があることと思います。

子供が自分を無視するのには、ちゃんとした理由があるのです。

子供が親を無視するときは、決まって親が強く子供をコントロールしようとしたときです。

たとえば、子供に無理矢理言うことを聞かせようとしたり、子供の言うことにすぐに「ダメ!」と強く批判するときなのです。

大人が子供をコントロールすることに対しての防御法として、子供は大人に対して「無視」をするのです。

いつか子供は、親が自分をコントロールしようとしていることに気付きます。

そして、子供と大人との会話が成り立たないと判断したら、子供にとっては無視するくらいのことしかできないのです。

こういった冷え切った親子のコミュニケーションが続くと、
「今日は学校で何か楽しいことはあった?」
といった、ごく普通の会話にも影響が出てきてしまうのは必至です。

その会話自体が子供にとって、学校であったことに興味があるのではなくて、何かをコントロールするのではないか、と疑って考えるようになることがあるのです。

子供でも大人でも、一人の人間として人格を認めることは大切なことです。

ですので、子供にもきちんとした説明をしてあげ、子供の話をよく聞いてあげることが大切なのです。

子供なんだからこれくらいでいいだろう、とか、子供といいかげんに接していたとしたら、親としては無視されて当然なのです。

子供の話し方には、まだまだ未熟なところがあって、それが大人にとってはイライラしてストレスが溜まることがあるかもしれません。

しかし、そういうときこそ子供と真剣に向き合って、お互いに人間性を認め合いながら、話をすることが大切だと思います。

そうすることで、コントロールしようとしたりされたりすることが自然となくなっていき、子供が親を無視することもなくなっていくことでしょう。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ 子供の無視