子育ての悩み.net

子供の親離れについて

子供の自立心を早く育成しようとするあまり、早い時期に親から離そうとする方がおられますが、その必要は全くありません。

親と子供の関係がしっかりと出来上がっていれば、子供は自然と親から離れていくものなのです。

たとえば、赤ちゃんは親がすべてのことを世話してあげないと、生きていくことができないです。

このように、まだまだ小さいうちは、生活全般において、必然的に親と子供は関わっていきます。

しかし、成長段階で少しずつ子供に手が掛からなくなって、そのうち子供は自然と親離れしていくのです。

ところが、親と子供の関係がしっかり築けていないと、それはうまくいきません。

子供の成長に合わせるように、親子の関係をしっかりと築いていかなければなりません。

早いうちから子供を離そうとすると、子供は親の愛情を充分に受け取らずに成長してしまうことになり、後にさまざまな問題が起きることがあります。

また、逆に親があまり関わり過ぎても、子供は親離れのタイミングがなかなかつかめずに、親から離れることができなくなってしまいます。

そして、親離れには年齢はあまり関係ありません。
世の中すべての子供たちが、まったく同じ育ち方で成長するわけではないからです。

ほとんどの子供は、成長するとともに自然と親離れしていき、小学校に入学する頃には、親よりも友達と遊ぶ方が楽しくなっていくものなのです。

もちろんそれには個人差はありますが、思春期の中学生頃には、ほとんど親離れができるようになっていることでしょう。

でも、子供に自立心が育ったからといって、親に全く甘えなくなることはないのです。

たまには、一緒に寝たいと言ったり、抱っこをせがんできたりして、甘えたいともあるでしょう。

こんな時に親は、「もうずいぶん大きくなったのだから、恥ずかしいことなのよ!」
などと、突き放すようなことは決してしてはいけません。

いくら自立心が育ったからといって、まだまだ子供なのですから、しっかりとその子の思いを受け入れてあげるようにしましょう。

自立心とは決して急に育つものではなく、少しずつ少しずつ育っていくものなのです。
そして、子供はいつか必ず親から離れていくものなのです。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ 子供の親離れについて