子育ての悩み.net

スキンシップは大切

普段、赤ちゃんと接していく中で、スキンシップはとても大切なことです。

大切な赤ちゃんを目いっぱい抱っこしてあげて、笑顔を絶やさず、たくさん話しかけてあげましょう。

赤ちゃんとスキンシップをとっていくことは、お母さんの優しい声や笑顔を、直に感じとることができる最良の方法ですね。

赤ちゃんは、これでとても安心することができ、自分は大切にされ愛されている、と感じとることができるのです。

そして、自然と親とこどもの信頼関係を築いていくのです。

子供というのは、毎日少しずつ成長していくものです。

ちょっと前までハイハイが全然できなかったり、少しも歩けなかった子供も、成長を重ねることで、いつの間にかできるようになっていくものです。

そんな子供の成長を実感するときは、どんな親でもうれしいはずですよね。

だからとびっきりの笑顔で「すごいすごい!」「上手だね!」と褒めてあげましょう。

そして、子供を抱っこして、たくさんスキンシップをとってあげてくださいね。

子供は、お母さんが喜んでいる姿にとってもうれしくなり、もっとがんばってみようと意気込むのです。

それと同時に、親子の信頼関係もさらに深まります。

赤ちゃんが泣く時というのは、甘えたいときや自己表現を表すときです。

また、赤ちゃんは、眠たいときやおなかがすいた時などに泣くだけではなく、さみしい時や抱っこして欲しい時など、不安な気持ちなどを表す手段でもあるのです。

そういう時は、すぐに抱っこして赤ちゃんを安心させてあげましょう。

しかし、逆に抱っこをしてあげないことが増えていくと、徐々に赤ちゃんは泣かなくなってしまうのです。

これを勝手に、「手がかからなくていい子」などとは決して思ってはいけません。

すでに心の病が始まっているのです。

赤ちゃんは、いくら泣いてもお母さんに抱っこしてもらえないことが続くと、自分は愛されてないんだ、と思ってしまいます。

そして、ついには泣くことを止め、表情のない子供になってしまいます。

つまり、子供は心の底から甘えたい気持ちを、自分で抑えてしまったのです。

こういう状態が大きくなるまで続くと、いずれ何らかの症状が現れてきます。

このように、赤ちゃんとのスキンシップや抱っこをするということは、甘えたがりの赤ちゃんの時期には、とても大切なことなのです。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ スキンシップは大切