子育ての悩み.net

子供の叱り方

子供が、もしやってはいけないことをした時には、親がきっちりと叱ることは大切なことです。

しかし、「叱る」ということに関しては、いくつか注意しなくてはいけない点があります。

まず、子供の性格によって、叱り方を変えてあげないといけません。

普通に叱っても大丈夫な子供と、そうでない子供がいることを親は知っていないといけません。

ここでいう叱っても大丈夫な子供というのは、楽観的な子供と情緒的に安定している子供になります。

楽観的な子供を何度も叱ってみても、あまり効き目がないように感じるはずです。

そのうち叱っている親のほうが、だんだんばからしくなってきて、最後には笑いに変わっていくことでしょう。

情緒的に安定している子供を叱ると、前向きに受け取ることができ、「ごめんなさい」という言葉が素直に出ます。

一方、叱る時に注意が必要なタイプの子供は、気が小さい子供や、頑固で意地を張る子供です。

気が小さい子供は、叱られるたびにドキッと驚いてしまい、もう同じことをする勇気が出なくなってしまいます。

頑固で意地を張る子供は、表面上は反抗的な態度を見せるのですが、本当は傷つきやすいのです。

このような子供は、自分の気持ちを素直に表現することが苦手なだけなのです。

このように、子供には様々な性格の子がいることと思います。

お母さんは、しっかりと自分の子供の性格を見極めてあげて、その子にあった対応をするべきなのです。

そして、一方的にガミガミと叱るのではなく、きちんとそうなった理由を聞いてあげましょう。

しっかり子供の事情を理解してあげたら、そういう時はどうしたら良かったのか、きちんと話してあげると良いでしょう。

そうすればきっと子供も理解してくれるはずです。

大人はついついカーッとなってしまうかもしれません。

しかし、ここは深呼吸を一回してみて少し落ち着いて、子供の事情をよく理解してあげてから、必要に応じて叱るようにします。

このように、お母さんや周りの大人達がしっかり気を付けていかなくてはいけませんね。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供のしつけ 子供の叱り方