子育ての悩み.net

小学生のダイエット

今までは、大人がなる病気と考えられていた慢性病ですが、最近では小学生にも多くみられるようになっているそうです。

子供の肥満人口は、25年間(1980~2005年)で約2倍に増えたというデータもあります。

肉料理やフライ物などの脂っこい料理、ファーストフード、インスタントラーメン、糖分が多いお菓子や清涼飲料水などを過剰に摂取することが原因の一つとなっています。

また、しっかり朝食を食べなかったり、運動不足になっている子供も肥満につながるのです。

現在の世の中には、ダイエットもの(ダイエット器具やダイエット食品など)が氾濫しています。

そんな世の中で、特に女の子が間違ったダイエットをすることによって、十分な成長を損なう危険性が問題になってきています。

肥満体質とよく言いますが、これは決して生まれつきのものではないのです。

日ごろの間違った食生活が、大きな原因なのです。

子供がダイエットするには(大人にも言えますが・・・)、成長に必要な栄養素を充分に満たすことが重要です。

たとえば小学校高学年の女の子がダイエットをする場合を挙げます。

主な1日の栄養素で、特に気を付けて摂取したいものは、
エネルギー・・・1500~1750cal
タンパク質・・・70g
ビタミンA・・・1800IU
ビタミンB・・・1.0mg
ビタミンB2・・・1.1mg
カルシウム・・・700mg
鉄・・・12mg
が必要になってきます。

世界保健機関(WHO)は、肥満症などを防ぐために、砂糖や脂質、塩の摂取制限を示しています。

その摂取制限によると、砂糖添加物は、1日あたりの摂取量の10%未満で、脂質は15~30%、食塩は1日5g未満となっています。

少し細かい値のようですが、なるべく意識を持って摂取することが重要です。

繰り返して言いますが、子供のダイエットとは、成長に必要な栄養素はきちんと摂取することが重要です。

そして朝食はしっかり食べ、抜いてはいけません。
また、しっかり身体を動かす事を心がけるようにしましょう。

これらは、なかなか簡単なことではないかもしれません。
しかし、大人に比べると、子供の方が結果が出やすいものなのです。

また、子供の場合は、短期間で効果が出てきますので、ダイエットをすることによって、毎日少しずつ体重が減っていくことが楽しくなると思いますよ。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供の病気・クセ 小学生のダイエット