子育ての悩み.net

薬の使用期限について

食品には、必ず賞味期限がありますね。

それと同じように、お薬にももちろん使用期限というものがあります。

ですのいで、急に子供が熱を出したからといって、冷蔵庫においてあった何年も前の座薬を使うのは非常に危険です。

座薬や注射薬、飲み薬にも使用期限はあります。

保存の状態にもよりますが、薬の使用期限は未開封の場合、製造してから数年程度のものが多いようです。

座薬の場合は、家庭で保管できる期間は、約半年程度だと思ったほうが良いでしょう。

しかし、薬が処方される段階で、有効期間の残りがどれくらいかは、分からないことがあります。

はっきりと確認したいのでしたら、お薬をもらうときに、薬局で確認するようにしましょうい。

座薬や錠剤は、比較的長い間、家庭でも保管しておくことができますが、シロップや目薬は、2~4週間程度の期間だと把握しておくと良いでしょう。

また、お薬を保管する場所は、冷暗所などの温度変化の少ない場所が良いでしょう。

湿度が高い状態や直射日光に当たったりすると、薬が変性してしまうことがありますので、
くれぐれも気をつけてください。

家庭での最適な保管場所は、冷蔵庫や乾燥剤を入れた缶の中などが良いでしょう。

薬自体はある程度保管ができますが、症状にあわせて薬を服用することが一番大事です。

ですので、処方された通りに薬を服用し、残さないように気を付けるようにすることです。

もし、薬が残ってしまったら、その都度処分したほうが、後々のために良いでしょう。

そうしておけば、間違えて服用することがなく安全です。

特に子供の場合は、体重や年齢によって、処方する量が大きく変わってきますので、特に注意が必要となります。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供の病気・クセ 薬の使用期限について