子育ての悩み.net

子供の虫歯予防

虫歯になりやすい子供というのは、歯磨きをしない子供ではなく、いつも柔らかい食べ物を好んで食べている子供のようです。

このことは、繊維質の多い食べ物をどれだけ噛んで食べているか、に関係しているのです。

つまり、噛むという動作自体が、虫歯の予防にもなるのです。

だから、離乳食やジュースのように柔らかくて、ほとんど噛まなくても食べられるものを常に与えていると、当然虫歯になりやすいということになります。

たとえ、いつも歯磨きをしっかりしているとしても、噛むことをしていないのでしたら、その歯磨きの効果などほとんど期待できないのと同じようなものです。

また、子供は基本的に歯磨きをするのを嫌うものです。

では、子供に歯磨きの習慣をつけるためには、どのようにしていけば良いのでしょうか?

それは、お父さんやお母さんが実際に歯磨きしているところを、毎日毎日見せてあげることが効果的な方法になります。

虫歯の予防のため、と無理やり子供に歯磨きをさせようとしているお母さんはいらっしゃいませんか?

無理やりやらせても子供はますます嫌がって反発し、歯磨きをやらせてもらえず逆効果なってしまうのです。

それよりもなによりも、親が正しい歯の磨き方を見せてあげ、子供にマネしたいという気持ちを起こさせてあげることが重要なのです。

親が歯を磨いているのを見て、子供は楽しくなり興味がわいてきます。

そうしたら、子供にそっと歯ブラシを与えてみてください。
きっと歯磨きのまねごとをすると思います。

歯磨きが無事できれば、
「すごくきれいになったね、上手だったね!」
とすぐに褒めてあげます。

そうすることによって、子供も自信が出てきて、歯磨きをするのが楽しみになっていくことしょう。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供の病気・クセ 子供の虫歯予防