子育ての悩み.net

食べ物の好き嫌い

食べ物の好き嫌いができる子供は、なぜそのようになってしまうのでしょうか?

その一番の原因と挙げられるのは、よく噛むことに関連しているようです。

ハンバーグやミートボールなど、ひき肉などを使った料理であれば、あまり噛まなくても食べられます。

しかし、魚や野菜はパサパサしていて、子供にとって食べづらいものです。

しっかり噛んで飲み込むことが、あまり上手ではないのでしょう。

また、味つけにも一つ問題があると思います。

一般的に、子供は甘辛いものが好きで、好んで食べる場合が多く、薄い味つけのものや香辛料の強いものは好みません。

ですので、魚やお肉を子供向けに味付けする場合は、香辛料はできるだけ使わず、しゅうゆ、砂糖、みりんなどで甘辛く味つけするのが良いでしょう。

好き嫌いがあると困るからと言っても、にんじんは嫌いだけど、他の野菜は食べられる、といった場合は、あまり気にすることはないでしょう。

また、豚肉は好んで食べるけれど、牛肉や魚は苦手というのも、あまり気にしなくてもいいです。

問題になてくるのは、野菜類を全く食べず、お肉だけは食べられる、というように、ひとつの食品群をすべて食べられないという子供です。

そこで、好き嫌いを克服する方法のひとつとして、自然なものを食べさせてあげることがあります。

たとえば、もぎたてのトマトやキュウリなどを、その場で丸かじりするような体験をさせてあげる方法をとってもよいでしょう。

自然にできたものの味が、どんなにおいしいのかを肌で感じ取ると、子供には新たな発見があり、好きになってくれる場合が多いものです。

自分の手でもぎ取った物を、自分で洗ってかぶりついて食べる、というのは本当においしいものなのです。

また、トウモロコシを採ってきて、自分たちで皮をむき茹でると、子供たちはとても喜んでたくさん食べてくれます。

そういう意味から考えますと、4~5歳くらいになったら、台所でお母さんと一緒に料理の手伝いをさせてみる、ということも、好き嫌いの解消に効果的な方法だと思われます。

一方的に子供に「食べなさい!」と怒るだけではなく、お母さんのちょっとした工夫で、知らないうちに子供の食べ物の好き嫌いはなくなるものなのです。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供の病気・クセ 食べ物の好き嫌い