子育ての悩み.net

子供の指しゃぶりについて

指しゃぶりをする子供は、その後歯並びが悪くなる、という話をよく聞きます。

しかし、これは、本当のことかどうか定かではありません。

ずっと指しゃぶりをしていた子供でも、家族の中で一番歯並びが良かったり、指しゃぶりをしたことがない子で、歯並びが悪い子だってもちろんいるのです。

ただ、指しゃぶりをすることで問題になってくるのは、何か嫌なことを我慢するために、指しゃぶりをする子供です。

誰かに訴えたいのに、お母さんに甘えることもできず、ダダをこねたりすることもできないので、気持ちを内に秘めてしまうのです。

もし、子供さんにそういう行動が見られたら、指を口からそっとはずしてあげて、「泣いてもいいんだよ」と慰めてあげてみてください。

そうして、少しずつベソをかけるように練習してみるといいです。

また、繊細な子供や気が小さい子供やすぐに緊張してしまうような子供に、指しゃぶりを止めさせるのも注意が必要になります。

そのような子供に、ガミガミ言って止めるように注意するのは、実は逆効果なようです。

なぜなら、その子が本来もっている力を出し切れていないので、我慢するために指しゃぶりをしていることがあるからです。

だから、もしそのような子供に厳しく注意すると、さらに感情を出すことができず、追い込んでしまう可能性があるのです。

この場合、厳しいしつけは厳禁で、やさしく長い目でみてあげてください。

そのうち、きっと指しゃぶりも気にならなくなってくるでしょう。

あと、からしなどを指に塗って、強引に止めさせる、という話を聞きます。

それで指しゃぶりを止める場合もあるにはあるようですが、繊細な子の場合は、逆に精神的にショックを受けてしまいますので、やめておいたほうが無難です。

 
子育ての悩み.net TOPへ 子供の病気・クセ 子供の指しゃぶりについて